料金の違い

歯列矯正のタイプ別料金

歯列矯正をする場合、症状によってできる矯正とできない矯正があります。歯列矯正をすれば長い期間矯正装置をつけることになります。そのまま食生活や社会生活にも影響してくるので、どんな歯列矯正をするのか慎重に検討することが大切です。 矯正法別に治療料金の相場があります。銀色のワイヤーとブランケットを歯に固定させて行う「マルチブランケット矯正」は60万円程度が矯正料金の相場です。固定しないで自由に取り外しができる着脱可能な「マウスピース矯正(インビザライン)」は40万円前後の料金でできます。ブランケットとワイヤーを目立たないように歯の裏側につけて矯正を行う「裏側矯正(舌側矯正)」は120万円と高額になります。

見えない矯正ほど高い

歯列矯正は見た目ですぐにわかる「表側矯正」は治療料金が高く、見た目ではわからない「裏側矯正」は治療料金が高くなる傾向があります。表側矯正の代表的なのが、ベーシックなマルチブランケット矯正です。ギラギラのワイヤーが見えるので、矯正していると目立ちます。しかし、マルチブランケット矯正は他の見えない矯正に比べて料金が安く、そしていろんなタイプの不正咬合に適用できるというメリットがあります。 目立たない歯列矯正の代表的なものに裏側矯正があります。裏側矯正は審美性に優れていて、社会人の成人矯正に向いています。ただし、治療をするには医師に高度な技術レベルが求められるので、それだけ治療料金が高くなってしまいます。