離婚のネックは慰謝料請求!だからこそ専門家を頼る

離婚に纏わる悩みは意外に多い

長年連れ添った夫婦でも、何らかの理由で離婚になることはあります。その理由が不倫だった場合、慰謝料請求ができる可能性もあります。また離婚となった場合は、相続の件も片付けないといけません。この場合は、相続問題に強い司法書士を頼りましょう。ちなみに離婚の慰謝料請求には落とし穴がいくつかありますから、慎重になるべきです。

慰謝料請求の落とし穴とは?

婦人

税金がかかることもある

金額が小さい場合は非課税になるため、税金は一切かかりません。ただ例外として、慰謝料を請求する額が大きい場合は、課税対象になることもあります。

慰謝料請求の契約書のサインを忘れる

慰謝料請求の落とし穴には、契約書にサインを書かせていない場合に起こることもあります。これにより、相手に慰謝料を請求することができなくなる可能性もあります。浮気相手には、これ以上浮気を続けると慰謝料請求をするという旨の契約書にサインさせることが重要です。

浮気相手への嫌がらせは厳禁

浮気相手の自宅や職場に、感情の赴くまま動くと取れるはずの慰謝料がパーになります。冷静を保つことも重要ですから、慰謝料請求に成功するまでグッとこらえましょう。

離婚のネックは慰謝料請求!だからこそ専門家を頼る

相談

請求できる慰謝料の額

浮気や不倫などの不貞行為があった場合は、婚姻期間約10年で150万円~200万円ほどです。また不貞行為の頻度が高い場合は、慰謝料額がさらに上がり、500万円近く取れることもあります。

男性と女性

請求の仕方

相談後、依頼内容について専門家と打ち合わせをします。また、本格的に動き出すために慰謝料請求通知書が必要なので、専門家に作成してもらいましょう。この時に請求金額や要望などを反映させられます。

ジャッジガベル

相手が拒否した場合

相手に収入がない、あるいは少ない場合慰謝料の支払いを避ける傾向にあります。中には泣き寝入りする方もいますが、裁判での主張が正しい場合、支払い能力の有無関係なくしっかり請求することができます。この場合相手には借金を背負わせることになるでしょう。

各問題に詳しい専門家を利用する

餅は餅屋というように、慰謝料問題は法律に詳しい弁護士へ、相続が関わってきた場合は、司法書士を頼るなどして、問題に応じて活用することを意識しましょう。そうすると、早期解決へ結びつきます。

広告募集中