医療ミス問題を弁護士に依頼する前に知りたい基礎知識

医療ミス問題を弁護士に依頼する前に知りたい基礎知識

メンズ

事例をチェックする

医療専門の弁護士は外科系、産婦人科系、内科系など様々な案件を取り扱っています。事例では、バイパス手術における事例、心臓カテーテル手術の失敗などがあります。内科系では、がんの見落としによる死亡事故、痛み止めの注射を打ったことによるアナフィラキシーショックの死亡事故などが挙げられます。事例を見ることで弁護士の実績を探れる他どのように解決へ至ったのかがわかるため参考程度に見ておくことをおすすめします。

説明

解決までの時間

弁護士を雇い、医療ミス事件の解決に至るまで10年、20年かかることがあります。これは示談を選択せず、真っ向から対立した場合です。ただ、問題を長引かせたくないのであれば、示談という形で早めに解決させることも可能です。

男女

弁護士費用について

【着手金】
弁護士と契約を結ぶ際に発生するお金です。金額は、活動内容によって左右されます。

【日当】
裁判になった場合、弁護士も出廷するので日当を支払わないといけません。こちらも裁判所までの距離や時間で料金が変わります。

【成功報酬】
弁護士の活動結果に応じて支払うお金です。素晴らしい仕事をした場合はそれなりの金額を支払います。

【実費】
弁護士が医療ミス事件解決のための活動に使った費用を指します。この場合は、書類作成時に発生する手数料や交通費などです。

頼れる弁護士ベスト5

ジャッジガベル
no.1

医療事故に関する案件を経験している

医療ミス関連の事故は、とても根深いので案件を沢山扱ってきた医療専門弁護士の力が必要です。サイト上に事例を多く掲載されている場合は、チェックしましょう。

no.2

医療事件への理解が深い

法律のプロでも、医療事件は解決までにかなりの時間を要します。そのため、案件を受け持つのを極力避けることもあります。しかし、医療事件に対して理解を示す弁護士は決して問題から逃げたりしません。

no.3

メリットデメリットの話ができる

絶対に勝ちますといったような言葉を何の根拠もなく発言する弁護士はあまり信用できません。逆に、メリットとデメリットをしっかり相手に伝えてくれる弁護士は、信頼できるでしょう。

no.4

親身になって話を聞いてくれる弁護士

精神的にも肉体的にもくる医療ミス事件ですから、依頼者の立場になって話を聞ける弁護士は涙を誘います。常に同じ目線で話を聞いてくれる弁護士なら、医療ミス問題を安心して任せられます。

no.5

説明が丁寧で聞きやすい

方針や今後の流れを丁寧に説明できる弁護士は好感度大です。また、料金に関しての説明が適切であれば、依頼して問題ないでしょう。

広告募集中